新型プリウス

新型プリウスの情報まとめ。
MENU

新型プリウスがついに発売決定!

2015年、12月に入りこのまま忙しく年末を迎え、羊から猿へ干支同士のバトンタッチが行われると思いきや・・・別のところでもバトンタッチが行われるという話題が日本中を駆け巡りました。

 

世界を代表する自動車メーカー「トヨタ自動車」が、世界でいちばん有名であろうハイブリッドカー「プリウス」の新型を発売するという。しかも秋に実車はお披露目されたものの、詳しいことに関してはほとんど情報が無い!!!

 

唯一ハッキリしていることは「最高燃費40km/L」という、驚異的な数字。

 

現在(2015年11月時点)街を走っているプリウスの最高燃費は約32km/Lとのことで、8km/Lの伸びはかなり大きいです。新型プリウス、現行プリウスの違いは一体どのような点なのでしょう?

 

 

そして、やはり気になるのは新しいボディデザイン。どこが変わった?今と比べると?フルモデルチェンジということなので、どこまで変身をとげたのか・・・気になる点はたくさんです。

 

 

 

プリウスについて

プリウスについて

 

プリウス(Prius)はラテン語で「先駆け」という意味。実際に初代プリウスは1997年に次世代環境車の先駆けとして、世界初の量産ハイブリッドカーとして誕生。2代目からは「トライアングルシルエット」を採用、更なる燃費性能の向上を実現。

 

そして2015年11月現在、現行モデルである3代目は現在のハイブリッドカーを広く普及させ、その後の環境車(いわゆるエコカー)のシルエットに影響を与えました。まさにハイブリッドカーの「先駆け」として日々、進化をし続けているのです。

 

初代プリウスが小学生なら、2代目は中学生、3代目は高校生、そして4代目は大学生や社会人として成人式を迎えるとプリウス・チーフエンジニアの豊島浩二氏が、プリウスの成長をこう表現しています。

 

今回、発表された4代目プリウスは成熟された「大人のプリウス」として新しい環境車の先駆けとして、こらからも環境車を引っ張り続ける存在であって欲しいですね。

 

それでは成熟した新型プリウスを少しではありますが、紐解いてみましょう!

 

 

姉妹サイト:
http://car-assesment.com/

 

このページの先頭へ